2016年10月09日

お久しぶりですー。

バタバタ&台風の多さの低気圧等で体調を崩してました。
まあ体調不良はもうずっとデフォなので、そこはまあ良いか。
最近は住んでる所の更新などもありまして、そこでも気を使って
先週は寝伏したりもしてました。

この、住居を借りたりとか、今だと就職するにも『保証人』
ってのを立てなければならん制度、何とかならんもんんでしょうか?
確かに、今住んでる所でも、『夜逃げ』があったそうで、
そういう時のためになんだと言う事は分かるんですけども、
誰もなりたいって思わないよね。
特に他人とか絶対ムリじゃない?
かと言って、両親とかは自分より年寄りな訳で、そういう人は
保証人にならなくなるし、今晩婚だったり、年齢が行ってても
独身だったりと、兄弟でも頼めなかったりがありますよ。
うちはこの所ずっと弟に頼んでて、弟の就職の時は夫に
頼んでるという相互な関係ですが、これも続くか分かんない
でしょう?
このご時勢何が起きるか分かんないし、体壊して離職したり
する可能性だってあるし。

でもだからって言って、親戚に……って感じに今だと
なってないと思うんですよ。
そこまで親戚と密になってない。
子供も少ないので、兄弟にも頼れないとかだと一体どうすんの?
そして保証を肩代わりしてくれる所って、胡散臭いという話ですし。
クレジットカードで支払いしてればOKな所もあるらしい。
何だかねー、世知辛いねー。
ほんで、こう言う事は政治家が全く想像も出来ない現代だっつう。

それはさて置き、
一応毎週金曜に漫画ハックさんへの投稿を続けてるんですが、
手元では17話修正から全然進んでないですね。
11話まで更新したので、まだ余裕はあるんですけども、
何故かずっと前のよりは、後半になって来た方が直しが多く
なってる事実です。
何故かじゃなく、昔の方のは、もうスルーするレベルなのですけど、
近付くにつれて『直してえ!』って感じのレベルになってるという
事なんだと思います。
また、直しもし易いレイヤー構造になってるってのも、直したくなる
理由なんだと思います。
7話あたりまでは、キャラがほぼ全て1つのレイヤーで描かれてて、
直すのはとても面倒臭い。
ところがそれ以降になると、所々レイヤーが別れてて、
17話だとコマごと、キャラごと、更に体と髪の毛(目に掛かるので
修正が面倒になる)に分かれてて、部位の修正がし易いんです。

しかしし易いとは言え、直せば背景、トーンなども修正しないと
ならない訳で、面倒臭いのは変らない。
変らないというか、直せば直すほど時間が掛かるという……。
また、17話以降は樹里はドレス、一彦はスーツっていう恰好で、
面倒な上にデッサンが今見るととてつもなく変。
うわああああああってなってやる気が半減ですわー。
そんでまだまだ輪郭線がごん太なんですわー。
ナニコレかきづらー!
ってな感じなので、まあ描き直しを楽しみにしてくださって
いらっしゃる方は少ないと思いますが、遅れたらすみません。
一応休載回までは何とか修正して上げるつもりではおります。

こちらへの拍手も有難うございます!

追記は社会性について、前にもきっと書いてるだろうけども
また近々に感じた事があったので書きます。




追記はいつも通り、私の偏見も入ってるので、そこの所ヨロシクです!


私は今派遣社員として働いているんですけども、派遣になる前はって
考えると数社の会社を渡り歩いた程度なんですよね。
(派遣だと結構な数の会社に行きました)
高校卒業するまでは、バイトもあまりした事がなく、本当に卒業後、
つまり社会人になってからの社会性しかもってないなって思うんですよ。

卒業後は1.5年位は書店バイトで、販売業でしたが、元々インドア派なのに、
よく販売なんかしたなあって感じでした。
まあ本というか漫画が好きだったから、この部分に尽きますね。
でも接客やると、サービスを提供する人間という部分の気構えは身に付くなとは
思いました。
その後も何回か短い期間ですが販売をやった事もありましたが、あまりにも
『自分だったらこういうサービスが嬉しい』という部分を気にしすぎて、
辛くなって、元々向いてるデスクワークに戻ることになる訳ですが。

この社会で生きて行くにあたって、人はいつもサービスされる側でなく、
その反対の位置になったりするんですよね。
例えば派遣だと、派遣会社の担当さんからすれば、私はお客様で、
サービスされる側なんですが、派遣された会社には、私はサービスする側
なのですよ。
サービスするっていうと何か変ですが、クライアントが望む労働を提供する側
だという事です。

これって何も働き始めてから開始するんじゃなく、その前段階、面接の時に
もう始まってるんですよね。
なので、それが出来ないと雇ってもらえなかったりする訳ですが、派遣先に
なるかもしれない会社に対し、自分をアピールというか、好印象を持ってもらう
というか、それよりも社会人として普通に対応出来ますよというのを示さないと
ならないと思うんですよ。

上記の通り元々インドア大好き、デスクワーク大好き、それ以外はあまりやりたくない
というか苦手というのがあるので、本来人との応対などは苦手&引っ込み思案でした。
でも、一応知識はあるので、そういう場合はどう振舞えば良いかというのは分って
ますんで、あまりにも偽りではない位には、無理してでもハキハキしますし、
こちらから相手に働きかける努力はします。
そういうのを派遣でも会社の面接でもずっとやって来ました。
なのでこれ、まあ当たり前よねって思ってるんですよ。

でも、クリエイティブな仕事を好んで、その仕事に就きたいって人の中には、
その部分が苦手なのだから、そういうのはあえて頑張らないという人もいます。
本人が意識的か無意識かは分かりませんが、まあぶっちゃけ、面接した側から
すれば悪印象です。
その人が悪い人ではないというのは、色々な前段階の資料で分かるんですが、
実際面接してみての、そういう部分の欠如は、社会人としてという部分では
NGだと思います。
それでも、本人がものすごーく実力があるならば良いですが、たいていの場合
そうでない方が多いです。
もしそういうものがあれば、自分で働きかける前に、世間に見い出されてます。
見い出されてない場合は、その人の実力は、自分でちゃんとした社会性を
持たないとならないレベルだという事なんだと思うんです。

まだ学生で何も分ってないというのならまだしも、もう成人以上なら、
そんな感じでどうすんのーですよ。
クリエイティブだって、社会性は必要です。
仕事って、自分だけでやってく訳ではないですから。
どんな仕事でも、また、顔を突き合せないデータを納品するだけの
仕事でも、その人の行動は信頼に直結します。
仕事などはどうでも良い、糊口を凌ぐのみってんなら、まあ良いですが、
その仕事を足がかりに何かを成したいなら、それなりの社会性を
身につけるのって大事だなって思いました。
posted by nin at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック